脱毛器 デリケートゾーン

家庭用脱毛器でデリケートゾーンを脱毛するときのポイント

悩み
「脱毛サロンや医療脱毛だとお金がかかる」

 

「やっぱり人に見られるのは恥ずかしい」

 

こういった理由で、家庭用脱毛器でのデリケートゾーンの脱毛を考えている女性は少なくありません。

 

 

高コスパで、好きな時に好きなだけ脱毛ができるのが家庭用脱毛器の魅力ですよね!

 

 

しかし、その反面自己責任での脱毛になるため「痛み」や「安全性」への不安が多いのではないでしょうか?

 

そこで!

 

この記事では、

 

脱毛器の選び方から、自宅でデリケートゾーンを脱毛するときのポイントまでわかりやすく解説していきます。

 

 

脱毛可能なデリケートゾーンの範囲

一言でデリケートゾーンといっても、様々なパーツがありますよね。

 

その中でも、家庭用脱毛器で脱毛できるのはどの部分なのかを把握しておきましょう。

 

VIOライン脱毛

VIO
家庭用脱毛器で、脱毛可能な範囲は、一般的にはVIOラインの脱毛です。

 

VIOラインとは・・・

 

  • Vライン:ビキニライン
  • Iライン:陰部の両側
  • Oライン:ヒップ奥

 

のことをいいます。

 

もちろん、販売されている家庭用脱毛器の全てがデリケートゾーン対応というわけではないので、商品選びには注意が必要です。

 

また、IラインとOラインに関しては、安全管理上「推奨はされていない」商品が多く、脱毛する場合には、あくまで自己責任となります。

 

ただ、実際に口コミ情報などをみると、家庭用脱毛器で、安全にVIO脱毛をしている女性は多いようです。

 

因みに、管理人の私自身も「ケノン」という人気の家庭用脱毛器で問題なくVIO脱毛を完了しました。

 

 

粘膜部分の脱毛は絶対NG

NG
家庭用脱毛器は、使い方さえ間違えなければ安全にVIO脱毛ができるという印象ですが、粘膜部分の脱毛だけは絶対に避けてください。

 

粘膜部分は皮膚が弱く、痛みも感じやすい部分です。

 

火傷などの皮膚トラブルを引き起こすと、取り返しがつかないうえに、メーカー保証設けられません。

 

粘膜や粘膜に近い部分に脱毛器をあてることのないよう注意しましょう。

 

万が一粘膜に皮膚トラブルが起きた場合は、すぐに病院へ行き専門医の診察を受けてください。

 

 

痛みや火傷を防ぐためのポイント

ポイント
家庭用脱毛器でデリケートゾーンを断つもうするなら、失敗や皮膚トラブルは絶対に避けたいですよね。

 

ここでは、自宅でデリケートゾーンを脱毛するときの注意点について解説していきます。

 

しっかり剃毛する

家庭用脱毛器で脱毛する際には、まずしっかりと剃毛してください。

 

フラッシュ脱毛では、光が毛根内の黒い色素に反応して脱毛をするため、余分な毛が生えていると、そこに光が集中しやすくなります。

 

これでは、脱毛効果が下がってしまうばかりか、毛が熱を帯びて皮膚が傷ついてしまう恐れがあります。

 

ですので、脱毛器を使う前の剃毛は必須!

 

剃毛にはカミソリでもいいですが、肌を傷つけない電気シェーバーがおすすめです。

 

ホクロや黒ずみは避ける

ホクロや黒ずみも、やはり光が集中しやすく、火傷の恐れがあります。

 

ですので、鏡でしっかりと脱毛部分を確認し、ホクロや黒ずみ部分を避けるようにしてください。

 

冷やす

家庭用脱毛器は、サロンの脱毛器よりもパワーが弱く設計されているので痛みは感じにくい傾向があります。

 

とは言え、デリケートゾーンは、痛みを感じやすい部分です。

 

脱毛の痛みを軽減させる一番の方法は、しっかりと冷やすこと!

 

保冷材などを使って、脱毛器を出力する直前までしっかり冷やすと痛みが少なくなります。

 

さらに、冷やすことで皮膚トラブルなどのリスクも減りますから、安全性も確保できます。

 

フラッシュ脱毛ですと、1回の出力お気に、エネルギーチャージの時間がありますから、

 

その時間を利用して、次の部分を冷やしておくととても効率的です。

 

最小出力設定から始める

脱毛効果や痛みの感じ方は人それぞれ、毛の太さによっても変わります。

 

そのため、脱毛器の出力設定は最小(最弱)から始めることをお勧めします。

 

特に、デリケートゾーンの皮膚はとても繊細なため、痛みを感じない弱い出力から、徐々に強くしていき、

 

痛みと相談しながら、ご自身に合った出力設定を探していきましょう。

 

 

脱毛器を選ぶか脱毛サロンを選ぶか

選ぶ
いかがでしょうか?

 

ここまで、読んでいただき、家庭用脱毛器でデリケートゾーンを脱毛するメリットやデメリットがある程度見えてきたかと思います。

 

家庭用脱毛器のメリット

  • 痛みが少ない
  • コスパが高い
  • 時間と場所を選ばない
  • デリケートゾーン以外も脱毛できる

 

家庭用脱毛器のデメリット

  • 自分で剃毛する必要がある
  • 最適な出力を自分で決めなければいけない
  • 皮膚トラブルは自己責任になってしまう

 

脱毛サロンのVIO脱毛

このような、家庭用脱毛器のメリット・デメリットを踏まえた上で、もし

 

「やっぱり脱毛サロンの方がいい」

 

と思うようでしたら、VIO脱毛のみが可能な脱毛サロンを選んでみるというのもいいかもしれません。

 

VIO脱毛限定なら、全身脱毛に比べると料金も高くありませんし安全です。

 

VIO脱毛で人気の脱毛サロン>>

 

商品選びのポイント:デリケートゾーン脱毛可能な脱毛器

ケノン
このサイトにお越し頂いたアナタであれば、デリケートゾーン脱毛ができる家庭用脱毛器をお探しかと思います。

 

ここでは、デリケートゾーン脱毛がしたい方にための商品選びのポイントをご紹介していきましょう。

 

デリケートゾーン対応かどうか

家庭用脱毛器でも、デリケートゾーン脱毛がNGな商品もあります。

 

購入した後後悔することがないように、まずはVIO脱毛が可能かどうかを確認しましょう。

 

ただし、IラインとOラインについては、メーカー推奨されていないので、口コミ情報などを参考に、VIO脱毛に適した家庭用脱毛器を選んでいくのがよいでしょう。

 

 

レーザー式はやめたほうがいい

海外の商品でレーザー式の脱毛器が販売されていますが、レーザー式はおすすめしません。

 

レーザー式は、脱毛効果が高く効率的に脱毛できるのが魅力ですが、その反面痛みも強いのが特徴です。

 

とりわけ、痛みを感じやすいデリケートゾーンの脱毛には適していないでしょう。

 

細かい出力設定ができるか

デリケートゾーンの脱毛は「痛み」と「脱毛効果」のバランスが非常に重要なので、脱毛器の出力設定が非常にシビアになってきます。

 

ですので、なるべくパワーの出力が細かく設定できる商品が理想的です。

 

出力設定が細かく、VIO脱毛で人気の高い機種ですと、国内商品ではケノンが有名です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

このページを参考にしていただき、安全にデリケートゾーンを脱毛していただければ幸いです。

 

デリケートゾーン脱毛可能な家庭用脱毛器について、もっと詳しく知りたい場合は、「VIO脱毛に最適な家庭用脱毛器」のページを参考にしてみてください!

 

具体的な商品のスペックや人気情報まで詳しく解説しています。