vio脱毛器おすすめ商品3選

VIO脱毛ができるおすすめの脱毛器が知りたい・・・

悩む

「VIO脱毛が安全にできる脱毛器がほしい・・・」

 

「高い買い物だから絶対に失敗したくない!」

 

「でも、実際のところ何が一番オススメなの??」

 

あなたは今、このような事でお困りではありませんか?

 

脱毛サロンに行こうにも、アンダーヘアやデリケートゾーンの脱毛は、人に見られると恥ずかしい・・・。

 

子育てや仕事に忙しいと、サロンに通う時間もなかなか確保できないものです。

 

それに、切実な問題としてお金が掛かりすぎる・・・。

 

この状況、何とかしたいですよね。

 

このページでは、『VIO脱毛が可能な家庭用脱毛器』の中から

 

  • 国内ユーザー数50万人以上の圧倒的な人気を誇る家庭用脱毛器。
  • VIO脱毛に最適な小型で高コスパな家庭用脱毛器。
  • レーザーの専門家によって開発された本格的な家庭用レーザー脱毛器。

 

の3商品に厳選してご紹介していきます。

 

このページを最後まで読むことで、あなたは「この脱毛器なら私にピッタリ!」と思えるものがきっと見つかるはずです。

 

 

ケノン

ケノン

おすすめポイント

  • 国内ユーザー数50万人以上の圧倒的な人気商品
  • 最短で翌日届くので、すぐ使える
  • カートリッジの取り換えでどんな場所にも使える
  • 楽天市場年間家電ランキング6年連続1位の実績

 

 

『ケノン』は、効果や安全性から圧倒的な支持を得ている脱毛器です。

 

家庭用脱毛器としては、比較的安価なので若い女性にも人気が高い商品ですね。

 

価格設定については、期間限定のキャンペーンで更にお得になっているときもありますので、一度公式サイトをご覧ください。

 

また、配送が早いのも『ケノン』が人気の理由の1つ!

 

当日発送で最短で翌日には『ケノン』が届くので、すぐに使えるのは嬉しいですよね!

 

初めて脱毛器を購入するという事であれば、国内ユーザー数50万人以上を誇る『ケノン』が間違いないでしょう。

 

 

『ケノン』の公式サイトを見に行く>>

 

 

美ルルクリアベールミニ

美ルル

おすすめポイント

  • とにかく安い
  • VIO脱毛に最適な小型の脱毛器
  • 専門サロンと同じ工場で生産している

 

 

『美ルルクリアベールミニ』は価格設定が圧倒的に低いのが特徴です。

 

「安い分効果がないのでは?」というと、そんなことはありません。

 

実は、『美ルルクリアベールミニ』は専門と同じ工場で製造されている本格派の家庭用脱毛器なんです。

 

しかも、小型の脱毛器なので広い範囲の脱毛には適さないんですが、VIO脱毛には最適なんですよ!

 

 

『美ルル クリアベールミニ』の公式サイトを見に行く>>

 

トリア

おすすめポイント

  • 30日間返金保証
  • FDAの認可
  • 2年間品質保証
  • 購入後は脱毛し放題

 

 

『トリア』は、ダイオードレーザー技術を開発したレーザーの専門家によって開発された製品です。

 

なので、家庭用脱毛器としてはかなり本格的なものになります。

 

値段は他の2つよりも上がりますが、フラッシュ脱毛と違い、消耗品の交換が不要なので、購入後は脱毛し放題!

 

しかも、30日間の全額返金保証がついているのが嬉しいですよね。

 

実は、家庭用脱毛器のような高額な商品で全額返金保証制度があるのは珍しいんですよ!

 

それだけ、商品の効果と安全性に自信を持っているという事でしょう。

 

もしあなたが本格的なレーザー脱毛器を使ってみたいという事であれば、この額返金保証制度を利用して『トリア』の効果を試してみてもいいかもしれません。

 

 

『トリア』の公式サイトを見に行く>>

 

どれも試したことがないなら、まずはケノンを試してみては?

ガイド

ここまで、3つの家庭用脱毛器をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

もしあなたが、

 

「いろいろ調べたけど、まだ結局迷っている」

 

と思われるようでしたら、『ケノン』がいいかもしれませんね。

 

 

なぜなら、『ケノン』は

 

  • 国内ユーザー数50万人以上の圧倒的な人気商品
  • 楽天市場年間家電ランキング6年連続1位の実績

 

と、圧倒的な人気を誇っているからです。

 

ここまで売れるという事は、それだけ信頼度が高いと言えますよね。

 

脱毛器は高い買い物ですし、安全面でも安心してる変える物を選びたいですよね!

 

もしあなたが、「脱毛器選びで失敗したくない!」と思っているのであれば、『ケノン』を試してみるのが良いのではないでしょうか?

 

 

国内ユーザー数50万人以上の『ケノン』を試してみる>>

 

VIOラインってって具体的にどこなの?

女性のデリケートゾーンはV・I・Oの3つの部位に分かれます。

Vライン(ビキニライン)

V
Vラインとは、おへその下あたりから太ももの付け根までの部分。

 

つまり、アンダーヘアーが生えている部分ですね

 

Vラインの脱毛は女、完全に脱毛する方もいますが、形を整える目的で、部分で気に脱毛する女性も多いようです。

 

Iライン

I
Iラインは、女性器(具体的には小陰唇)の両サイドの部分になります。

 

Iラインの脱毛を行うことで、生理中の蒸れを軽減できます。

 

また、経血が陰毛に付く心配もないので、処理がとても楽になります。

 

また、下着や水着から陰毛がはみ出てしまうという恥ずかしいトラブルを防ぐこともできて安心です。

 

Oライン

O
Oラインの毛はは、肛門周囲に生えている毛のことを言います。

 

いわゆる「ケツ毛」ですね・・・・

 

Oラインの毛は、普段は見えることのない部分ですが、便が毛についてふき取れなかったりするので、衛生的に良くないですし。

 

エッチの時に男性にみられると、一気に幻滅される可能性もありますので、ぜひ脱毛処理しておきたい箇所の一つです。

 

 

これら、アンダーヘアやデリケートゾーンの脱毛を総称してVIO脱毛というわけですね。

 

最近では、VIO脱毛のみのサービスを、セット価格で行う脱毛サロンも多いようです。

 

 

 

 

家庭用脱毛器でVIO脱毛は可能なの?

疑問

結論から言うと、家庭用脱毛器でVIO脱毛は可能です。

 

ただし、注意しなければならないのは「機種による」ということです。

 

市販の家庭用脱毛器の中でも、VIO脱毛対応の脱毛器と、そうでないものがあるので注意しましょう。

 

さらに言えば、VIO脱毛対応といっても、IラインとOラインに関しては推奨されていないものが多いです。

 

というのも、どうしても女性器(粘膜部分)に近い場所になるため万が一肌トラブルを引き起こしたときにメーカー側が責任が取れないということですね。

 

とはいうものの、家庭用脱毛器でもエステサロンの脱毛器でも機会の構造は全く同じ。

 

つまり、できないはずがないのです。

 

実際に、口コミサイトでケノンの口コミを見ても、楽にVIO脱毛ができたという書き込みが多数存在します。

 

違いといえば、「セルフで脱毛するかプロのエステティシャンにやってもらうか」ということだけです。

 

後は気をつけるべきポイントを押さえて、脱毛器を正しく扱えば自宅でこっそりVIO脱毛することも十分可能です!

 

 

脱毛器でVIO脱毛をする時のの3つの注意点

注意

@最小出力から始めよう

VIOラインは、毛の濃さは個人差がありますので、脱毛に必要な出力は人それぞれです。

 

I・Oラインは特にですが、他の場所よりも痛みを感じやすいのと、女性器に近いこともありますから、

 

もっとも安全な最小出力から初めて、徐々に強くしていき、自分に合った設定を探していくのがおすすめです。

 

A絶対に女性器には照射しない

脱毛器の照射部分が、女性器の粘膜部分に当たってしまうと、火傷などの思わぬ肌トラブルにつながってしまいます。

 

しかも、こうした肌トラブルがあった場合、自己責任という事になってしまうので、くれぐれも粘膜部分には照射光あてないようにしましょう。

 

万が一肌、火傷をしてしまった場合は、迷わず病院に行って専門の皮膚科医に診てもらうようにしてください。

 

B照射前後のスキンケアを忘れずに!

VIOだけに限ったことではないですが、照射前後の肌のケアは大切です。

 

そして、VIOなどのデリケートゾーンは特にスキンケアに気を配る必要があります。

 

脱毛する部分は、照射前に保冷材を使って十分に冷やすようにしてください。

 

そして、照射後も冷やしましょう。

 

また、照射後の肌は乾燥しやすくなりますので、保湿も忘れないようにしましょう。

 

▼脱毛器と相性の良い人気の保湿剤▼
鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローション>>

 

VIO脱毛の痛みは大丈夫?

痛み

家庭用脱毛器でVIO脱毛をする場合、痛みが怖くて照射できないという女性も多いようです。

 

特に、VIOラインは肌が繊細で痛みを感じやすいので、自分で脱毛器を肌にあてて、照射ボタンを押すのは正直怖いですよね(汗)。

 

だた、あまり知られていませんが、家庭用脱毛器はエステサロンの脱毛器に比べて痛みが少ないんです。

 

なぜなら、素人が扱ってもいいように出力が弱めに設定されているからです。

 

ですので、痛みが怖いということでしたら、最小出力から初めて徐々に強くしていけば痛みに関してはあまり心配する必要はありません。

 

家庭用脱毛器で、効果を最大限に発揮して、痛みを最小限にする方法については、

 

 

VIO脱毛に最適な脱毛器を選ぶポイント

脱毛器

VIO対応であること

「脱毛サロンはお金がかかる」という理由で家庭用脱毛器を購入しても、VIO脱毛対応の家庭用脱毛器でなければ意味がありません。

 

VIO脱毛ができな家庭用脱毛器も沢山市販されていますので、購入ボタンを押す前にきちんと確認する必要があります。

 

買った後に気がついて、無駄な出費に頭を抱える前に、脱毛器の公式サイトや口コミを見てVIO脱毛が可能かどうかをしっかり調べておきましょう。

 

フラッシュ(IPL)脱毛方式の機種

 

脱毛器には、大きく分けて

 

  • フラッシュ方式
  • レーザー方式
  • サーコミン方式

 

の3種類があります。

 

VIO脱毛をするのであれば、一般的なフラッシュ方式の脱毛器がおすすめです。

 

熱線で毛を焼き切るサーコミン式は、痛みは少ないですが長期的な脱毛効果がないのでおすすめしません。

 

レーザー方式は脱毛効果が高いですが、やや刺激が強位という欠点があります。

 

さらに、当サイトでご紹介している海外製の『トリア』 以外は、販売されているものがないので、入手困難ということもあります。

 

 

出力調節が細かいもの

VIO脱毛は低出力から徐々に強くしていくのがおすすめなので、出力が細かく設定できる家庭用脱毛器が望ましいです。

 

Vラインに関しては、他の部位より毛が太いので高出力が出せる脱毛器であれば、より重宝します。

 

照射範囲が狭いものを選ぶ

一般的に、家庭用脱毛器は照射範囲が広いものが好まれます

 

なぜなら、広い範囲を一気に脱毛ができて効率が良いからです。

 

しかし、VIO脱毛に関しては、女性器に照射光が当たらないようにしなければいけませんので、照射範囲が狭い方が望ましいんです。

 

もしくは、VIO以外にも脱毛したい箇所があるのであれば、

 

カートリッジの切り替えが可能で、なおかつカートリッジの種類が豊富な脱毛器ですとさらに便利です。

 

 

VIO脱毛に『ケノン』をおすすめする理由

画像

ここまで、読んでいかがだったでしょうか?

 

最終的に私はVIO脱毛にはケノンを使っているのですが、実際にとても便利です。

 

それは以下のような理由です。

 

  • カートリッジのバリエーションが豊富
  • 細かな出力設定ができる
  • 痛みが少ない
  • VFIO脱毛の口コミがいいので安心感がある

 

もし、VIO脱毛を前提に家庭用脱毛器の購入を考えているのであれば、まずはケノンを選ぶのが間違いないのではないでしょうか。

 

国内ユーザー数50万人以上の『ケノン』を試してみる>>

 

 

 

 

 

ビキニラインのみを脱毛する場合は?

画像

 

「VIO脱毛によって、完全にムダ毛をなくしてしまうのは気が引ける」

 

という女性も多いのではないでしょうか。

 

とはいえ、水着や下着から、毛がはみ出てしまうのは避けたいところ。

 

そこで、ビキニラインの脱毛を目的に、家庭用脱毛器を購入する方も少なくありません。

 

ビキニラインとはVゾーンの両サイドで太ももの付け根部分を指します。

 

 

ビキニラインを脱毛する際のコツ

Vゾーンの毛を残して、ビキニラインを脱毛する際には、脱毛前のシェービングが大切です。

 

電気シェーバーで剃毛する際には、Vゾーンの形(逆三角形)しっかりとデザインして剃るようにしましょう。

 

残す部分に脱毛器を照射してしまうと取り返しがつきませんからね。(汗

 

どんな脱毛器がおすすめ?

ビキニラインのみを脱毛する目的だえれば、本体価格の安いハンディタイプ脱毛器がおすすめです。

 

リーズナブルな価格設定というだけでなく、持ち運びに便利で、照射範囲が狭いので、ビキニラインの脱毛には最適です。

 

美ルルクリアベールミニ

画像
画像
デリケートゾーンの脱毛にも対応したハンディタイプの脱毛器。

 

ハンディタイプでありながら、サロン並みのIPL脱毛が可能で、光美顔器としても使える本格派。

 

29,800円と安価だが、30代〜40代のオトナ女子にも人気が高い。

 

リーオ

画像
画像
リーズナブルな価格設定でしっかりと脱毛できるハンディタイプの家庭用脱毛器。

 

キャンペーン価格で19,800円(税1,467円)というこう驚異的な安さで、女子高生や、忙しい主婦の方にも人気が高い機種。